履歴

SachikoARAKAWA
誕生
東京文京区生まれ。
江戸情緒残る町並みで育つ。
祭り、縁日、万灯、大名行列と地域の行事を楽しむ。
中学時代
小学6年時、父の転勤で兵庫県西宮市に転居。
六甲山麓の大社中学で青春時代を過ごす。
関西圏の生垣に統一された美しい住環境を知る。
高校時代
日本女子大付属高校に。親元離れ寮生活を送る。
美術サークルで油絵を描く。
大学時代
日本女子大家政学部住居学科に進学。
目白にて茶の湯の稽古を始める。
格子戸を開けると静かな佇まいの露地。茶室に感動。
伝統文化との出会いとなる。
宮内 康・設計工房
大学4年の秋から、集住体の理論に感動し宮内康(理科大講師)のアトリエに通う。
卒業後、池袋に開設した事務所に初所員として勤務。
吉武研究室関連の保育所、学校の設計を手伝う。
幻の「Y邸住宅」の設計に盛り上がる。
山下和正建築研究所
日建設計を退社した山下氏の事務所開設に伴い、所員として勤務。
住宅、別荘、店舗、歯科医院と種々な構造と建築の設計、現場監理に関わる。
周遊
山下事務所を退所し、約一年、イギリスを中心にしてヨーロッ建築周遊の旅に。
アメリカ横断し、国土の広さ、多様さを知る。
門田・荒川建築事務所
帰国後、同僚の門田八千代さんと共同事務所設立。
アーク建築工房
独立後、住宅の一室に事務所を構え、住宅を中心に設計活動。
繋がり
★ 日本建築家協会に参加:広報誌 Bulletin編集。関東甲信越支部監査役。住宅部会。再生部会。都市デザイン部会に参加。

★ 目白街づくり倶楽部:10年ほど地域活動に参加。建築家、都市計画家、商店主を中心にして、目白を豊かな地域にする活動を続けている。駅前広場、歩道の拡張、コミュニティ道路の提案、沿道緑化の推進,通り名と多種な取り組みをしている。

★ 埼玉・いえまち再生会議:2011年、埼玉市にNPO法人、「埼玉いえ・まち再生会議」が発足。高齢化を中心議題にすえ、提案型の住まいと街づくりを各方面の専門家等の恊働で行われている。2012年から参加し、建築でのサポートを考えている。